サーフショップ 「ザ・サーフ」 のスタッフ達が綴る日々の徒然・・・。カリフォルニアのサーフカルチャーを伝え続ける 【THESURF】

木曜日は千葉北

少し前になってしまいましたが、霙の降る中向かった千葉北エリアの木曜日。

外気温が一日低く体感温度もとても寒く感じた一日。

北東寄りの風が朝から吹いており、この風を交わすメジャーポイントで。

腹〜胸位のサイズ感はあるものの、比較的風の弱かった午前中は潮がたっぷりのハイタイドと重なりました。

ミドルからインサイドにかけてのやや早めの波質。

ミドルからインサイドに所々深い箇所があり、ショルダーの続く波、ショルダーが消える波、ショルダーの張り過ぎてしまう波と変化も多く様々でした。

2本のタイプの違ったボードを乗り分けて楽しみました。

前半はウェインさんのアシメトリーデザインSPILIT DEVILLE、

後半はFirewireのDEATH STARです。

SPILIT DEVILLEはイージーなテイクオフから柔らかにレールの切り替えが出来、楽しさのあるルース感という言葉が当てはまるのか、そこにこのボードの動きの特徴を感じます。踵側のレールとテールが入れ易く動きが柔らかで且つ早く感じるのです。この数か月乗り込めてきているので、ファンでハイブリッドな感覚のアシメトリーとして体に馴染んできております。

DEATH STARは同じ波質の中で、よりメリハリを付けて、より早くコントロールが可能。前者のボードならトップターンでカーブを描きたいセクションを、リップへアプローチしに行きたくなる万能なボード。この数年私の中でパフォーマンスボードの楽しさを再認識さえてくれたとても乗り易いパフォーマンスボードです。

とにかく寒かったこの日はFLAP DRYにグローブとストレスフリーフードでフル装備。

サーフィン中はお蔭で寒さ知らずで楽しめましたが、着替えの時の外気の寒さはこの数週間で一番でしたね。

もうすぐ3月、早く暖かくなって欲しいものです。

先週に引き続き蕗の薹チェック。嬉しい事に千葉北エリアの商店にも蕗の薹がならんでいました。

先週に続き、祖母と母の蕗味噌に。

海はまだ冷たく寒い冬が続いていますが、蕗の薹を頂き千葉北エリアにも徐々に春が訪れているのを感じる事が出来ました。

 

YUSUKE

| THE SURF | 波乗り | 17:54 | comments(0) |


RIP CURLのBAGシリーズが入荷中です。


トム・カレンをはじめとする名立たるサーファーをサポートするワールドワイドなブランドRIP CURL(リップ・カール)。
タウンユースやトリップで活躍する高機能BAGシリーズが店頭にラインナップしています。


V02-928 POSSE(カーキ)
http://www.thesurf.co.jp/shopping/category/accessory/acce_ripcurl/ripcurl_v02-928.html

V02-928 POSSE(ブラック)
http://www.thesurf.co.jp/shopping/category/accessory/acce_ripcurl/ripcurl_v02-928.html

V02-927 F-LIGHT 2.0 SEARCHER PACK(ブラック)
http://www.thesurf.co.jp/shopping/category/accessory/acce_ripcurl/ripcurl_v02-927.html

V02-920 F-LIGHT MODULAR MIDNIGHT(ブラック)
http://www.thesurf.co.jp/shopping/category/accessory/acce_ripcurl/ripcurl_v02-920.html

 

オフィシャルサイトにアップロードしました。

詳細画像などぜひチェックしてみて下さい。

こちらの商品はザ・サーフCS店のみの発売で、通信販売可能です!
お問い合わせは
CS店 TEL 03-3735-7209 FAX 03-3735-7315

またはこちらまで
http://www.thesurf.co.jp/shopping/category/accessory/acce_ripcurl.html

YUSUKE

| THE SURF | 商品情報 | 13:50 | comments(0) |


CYMATIC session in Japan

先日のインタースタイルに来日していたTOMOことDaniel Thomson(ダニエル・トムソン)、

湘南の某所にてFIREWIRE JAPAN進藤晃プロと、

ケリーのコラボレートによる今季注目のニューモデル"CYMATIC"でのフリーセッションを行いました。

その模様がCOLORS MAGAZINEに掲載されております。

http://www.colors-magazine.com/?p=185688

先日のインタースタイルでもダニエルさんのイチオシであり、"現時点において最高のパフォーマンスボード"と本人が強く解説してくれた"CYMATIC"。

日本のスモールウェーブからハワイのハードブレイクまでテストライドを重ねている年月をかけて開発された最新モデルです。

ダニエルさんはAxxe Classicのコラボレーターでもあり、冬の日本用にLONG CHEST ZIPも着用していますね。

夏のオーストラリアから来たダニエルさんにとっては湘南エリアでも海水は非常に冷たく感じるのでは・・・?

(動画を見るとSURF GRIP製のブーツ・グローブもしっかり着用しています。)

今季大好評のLONG CHEST ZIPにSURF GRIPのウィンターアイテムはさぞ温かかった事と思います。

 

CYMATIC session in Japan from colorsmag on Vimeo.

進藤晃プロとのスタイリッシュなライディングとともにぜひショートフィルムもチェックして下さい。

 

ニューモデルのCYMATICは今春ザ・サーフへももちろん入荷予定!!

ご予約・サイズオーダーも承っております。

 

ニューモデルの到着が待ち遠しいですね。

 

COLORS MAGAZINE様、naccho3様、フォトとムービーをお借りさせて頂きありがとうございます。

 

YUSUKE

| THE SURF | 商品情報 サーフボード | 11:22 | comments(0) |


ありがとうございます、細○さん。

海に入れない日の練習用にと細○さん。

アキ秋山さんの40周年記念デッキをBe-in Works代表でアキさんの弟でもあるカツさん監修の元、

ザ・サーフ向けに発売されたAKI AKIYAMA DECADEのコンプリートを選んで頂きました!!

アキさんの記念モデルとしてアキさん本人が自らシェイプデザインを行いました。

足回りはザ・サーフ向けにサーフスタイルにも対応すべく弟のカツさんお勧めのセットアップ。

INDY FORGED HOLLOW JAPAN LTD CROSS、クロスブラック×シルバーの軽量モデル、

SEISMIC 3DM CAMBRIA 62mm / 80A、

NSBベアリングと拘りのセッティング。

 

細○さん、ぜひこのスケートボードで楽しみながら、海へ向かう日の準備をして下さい♪♪

 

YUSUKE

| THE SURF | ありがとう&お待たせ | 14:05 | comments(0) |


金曜日は千葉南

波を求め久しぶりに南房総へ向かった金曜日。

湘南方面と同じく、前日の南西風で荒れた海は、夜のうちから吹いた北風で波は無くなっておりました。

ウネリを拾いながら、北から北東の風の合う某所へ。

長めのセット間隔ではありますが、腹前後の波がブレイク。

ビーチ左のレフト、ビーチ右のライトは、トロ早めながらショルダーが張ってくるそこそこの波質。

時折中央寄りにもややワイドなファーストブレイクながら良い波が入ります。

ウェインさんのミドルサイズアシメトリーMENTAL MACHINE。

このチョイスが大正解。

ややパワーレスなファーストブレイクをしっかりと波を捕まえてくれ、ショルダーが起きるまでのトリミング、張ってきてからの加速とレールの切り替え、ショアブレイクのエンドセクションまでのボードの走り、全てがマッチしていました。

ややサイズのあるセットは極力大きなターンでマニューバーを作れるように、小波ながらショルダーの綺麗に張る波はノーズライドでチーターファイブを長めに入れながら動けるときにはバックステップしてボードにアクションを。

時折ボトムに見え隠れするリーフに気を付けながら、たっぷり楽しむ事が出来満足です。

1本車に載せておくと、様々なコンディションで活躍してくれるミドルサイズのボード。

この日はややパワーレスな波が、コンパクトにまとまった規則正しいリーフブレイクでロングライディングを楽しんでいるかのようなファンなラウンドに変えてくれました。

潮の引いたタイミングを狙ってか、狭めのポイントにサーファーが増えてきたので、もう少しワイドにウネリを拾うビーチに移動。

いくつかある河口の両サイドにサンドバーが出来ています。

胸前後の波は、ロータイド周辺の時間帯は一気に浅くなるサンドバーにややワイドでホローにブレイク。

FirewireのDEATH STARで。

1ラウンド目の緩い波質と一転、ファーストブレイクから波の巻きあがり方が全く違います。

インサイドがドン深になっているので、ミドルからの早めのブレイクで波に合わせて1〜2アクションが出来たらという波質。

初速が速くロッカーの付けられているので、合わせていけば比較的イージーに波のショルダーへ入っていけます。

久しぶりに力のあるこのエリアのビーチブレイク、更にカレントが加わり変化するやや難しい波は、素早く波の変化に対応する良い練習になりました。

入って直ぐに東風のオンショアが強まり、オンショアの練習と思い暫くは入っていましたが、いつもよりはやや早めの上りでした。

帰りに気候が温かな南房総ならと、直売所をチェック。

ありました大好きな蕗の薹。

白米に最高な蕗味噌で楽しませて頂きます。

富楽里のサービスエリアでつみれ汁、白米、漬物、お茶のセットを。

これで300円、安くて温かくて美味くてお腹一杯になりました。

平日のお昼時を過ぎた時間ながら大混雑でした。

 

まだ水温こそやや低めの南房総でしたが、春の訪れを少しだけ感じる事の出来た金曜日でした。

 

YUSUKE

| THE SURF | 波乗り | 15:35 | comments(0) |