サーフショップ 「ザ・サーフ」 のスタッフ達が綴る日々の徒然・・・。カリフォルニアのサーフカルチャーを伝え続ける 【THESURF】

先週はFirewireを試乗しました。

先週は日曜日、木曜日、金曜日とFirewire Japan様よりお借りしているボードを試乗させて頂きました。

日曜日は辻堂で開催させて頂きましたビーチカーニバルの後、
夕方の肩〜頭セットは頭オーバーの波。
日中からのオンショアが続いたやや癖のある波質。

GROWER (JAPAN LIMITED MODEL) LFT
5'8" x 19 5/16" x 2 5/16" 29.3L

普段私が乗っているFirewireのDEATH STARは約37L、約8L程アンダーフローです。
フィンセッティングは進藤プロお勧めのクアッドセッティングで入りました。
アンダーフローな分、ボードを支える為にとも考え、トライでは無くクアッドにしました。
GO FISHというフィッシュをベースにしたモデルの進化版として開発されたGROWER。
やや前重心でテール幅が細いので、パドリング時にややテール寄りが振れるような感覚がありましたが、
テイクオフで波を捉える時は、BOARD EAT BOARDのボトムデザインが水流を捉えつつ整え気になりません。
アンダーフローな板なので、爆発的で瞬発的な初速感は感じる事は出来ませんでしたが、ボードがぶれずにトランジッションボードがジワジワっと加速する感覚で波を捉えます。
前方のアウトラインは広いので、安定感を持ちながら体重を掛けられ想像以上にイージーなテイクオフで波を捉える事ができました。
ライディングは波質によって私のレベルではアジャストするまでにもう少し時間が必要。
ショルダーの張り辛いややスロープの緩い波のレール〜テールのコントロールが難しく感じました。
逆に波のパワーゾーンからショルダーの張ったセクションを捉えると、細く薄くフォイルされたテールエリアがしっかりと波のフェイスを捉えレールの切り替えを容易にしてくれる感覚。
早いセクションを抜けている時はスピーディーに抜けながら縦へのアプローチもし易い、その後緩慢なセクションへ入り大き目のカットバックをするシーンなど厚いスロープでのスピードを維持したレールコントロールが私なりの課題になりました。
マチャドさんはじめユーザーのみなさんからもトライ系やツインスタビライザー系も調子が良いと言う声を伺っているので、次回チャンスが有れば試してみたいです。

木曜日は千葉北方面へ。
以前にFirewire Japanの皆様とセッションをさせて頂いた北部の某所で入りました。
波は朝のうちは腰〜腹前後、後に昼前後はセットが胸前後までサイズアップ傾向に。
両脇にテトラが埋まっているこのポイントはテトラに気を使いながらのライディング、テトラ裏からインサイドに上手く繋がる波を選べば、インサイドに砂が多く小波のロングショルダーを滑走出来ます。

EVO HELIUM
5'6" x 19 3/4" x 2 9/16" 32.2L

今回試乗させて頂いた中で一番浮力感の強いサイジングです。
普段もダニエルさんのDEATH STARをクアッドで楽しんでいるのでこちらもクアッドに。
早朝の小波でどれだけ乗れるかを試したくテストしてみました。
ワイドでふっくらとしたデザインのEVOは短さを感じさせないパドリングとテイクオフの安定感が第一印象。
ミドルからインサイドにかけて砂が多くついているので、ウネリの入り方ではワイドブレイクになるここのブレイクですので、
切れた波をチョイスするのにシフトして入るややカールの薄めの波をチョイス。
この波はひっかからないかなと思うような波もボードのロッカーとボトムコンケーブデザインが上手く波に入り込んでくれる感覚。
かなりイージーに沢山の波を捕まえられます。
ライディングも安定感の中にEVO特有の細かでクイックな反応が小波でのレスポンスが良いボードに感じます。
世界的に誰が乗ってもレベルを問わず楽しめるボードと謳われている理由が初めての試乗から感じられました。
さらにHELIUMの素材感も好調、レールtoレールでの反発と軽さのバランスが素晴らしく、なんとも言葉にし難い極上の加速感を感じる事が出来ました。
スモールウェーブでのHELIUMのポテンシャルをもっと体感してみたくなりました。
普段乗っているDEATH STARをベースによりスモールウェーブやパワーレスウェーブ用に1本欲しくなりました。

CYMATIC LFT
5'7" x 19 5/8" x 2 9/16" 31.0L

同じポイントでややサイズアップ傾向になり、EVOで自分にエンジンが掛かってきたので、
よりパフォーマンスな作りでダニエルさん曰く、現時点での最高のパフォーマンスボードと話していたCYMATICにチェンジ。
同じフィンセッティングのクアッドで入りました。
EVOに比べアウトラインがやや狭くロッカーが付いているので、パドリングはやや腹の点に意識を持って行って行う感じ。
テールが振れたりボードが挙動するような不安定感が無く、ボトムのコンケーブデザインがしかっりと水流を捉え、スピーディーで安定感のあるパドリングが可能です。
入り始めはまだ腰〜腹前後の波が多かったですが、ロッカーがある分前に体重を掛けボードを落とし込みながらテイクオフが出来、想像以上に早くイージーなテイクオフでパワーレスな波に乗り出せました。
ライディング中はSCI-FIから得たテール形状がしっかりと波をホールドしてくれ、テールをしっかりと踏み込む事が出来、体重を掛け過ぎてしまう私の癖を上手くフォローしてくれます。
スモールウェーブながら体重を加えた大き目なターンにも対応してくれました。
また慣れてくると軽いタッチでのレールtoレールの切り替えもし易く、やや早めのセクションもスピーディーにライディングさせてくれました。
後半は胸前後のセットも多く入り、両サイドの海の中にテトラが埋まっているので、ロングライドを何本も出来るのですが、ボードを壊してしまうのが怖くほどほどの所でプルアウト。
とにかくボードがかなり走ってくれ、とても乗り易いボードに感じました。
普段乗っているDEATH STARをベースによりパフォーマンス用に1本欲しくなりました。


GAMMA HELIUM
5'10" x 19 1/2" x 2 9/16" 30.0L

セットで胸前後の波がコンスタントに入る様になってきたので、
続いてケリーのデザインした人気モデルGAMMAにチェンジ。
こちらはトライのセッティングで入りました。
パドリングは、やや緩やかなラインを維持したハイパフォーマンスボードに乗っている感覚。
今までのボードの中で一番腹の点に意識を置いてパドリングをする感覚でした。
ポイントノーズのGAMMAはその点に意識を置いて、前目に体重を乗せて落とし込んでテイクオフしていく感じです。
EVOやCYMATICに比べてほんの1〜2L程のアンダーフローですが、私のレベルにはもう少しボリュームが欲しく感じました。
ハイパフォーマンス好みのショートボーダーにはとても乗り易いデザインだと思いますが、普段ダニエルさんのストレートラインが長く、ボトムデザインが加速性を助けてくれる、スピーディーなボードに乗り慣れてしまっている私には加速感がもの足りなく、もうひと押しが足りない感じ。
自分でボードを加速させる力の無さを痛感。
選ぶ波質によってライディングのバラつきが多く出てしまっていたように思います。
それでも波のポケット付近でライディング出来ている時は、縦へのアプローチが非常に容易で、トップでの返りの速さを体感する事が出来ました。
機会があればもう少し大きなサイジングの同モデルを乗ってみたいと思いました。

 

金曜日は同じく千葉北方面へ。
前日からの東ウネリでサイズアップ傾向、朝一の早朝からウネリを拾うポイントがクローズアウト気味に。
強いウネリをホールドしてくれるメジャーポイントのハーバーで入りました。
ここでも沖まで伸びる堤防のアウトサイドから頭オーバーの波が入り続けるコンディション。
比較的スロープが緩いポイントなので、私のレベルでもライディングする事が出来ました。

CYMATIC LFT
5'7" x 19 5/8" x 2 9/16" 31.0L

これまでに乗ってみて、このサイズの波でも一番安心して扱えそうに感じていたCYMATICをチョイス。
ややボードが短いので、ドルフィンスルーは楽ですが、沖まで遠いので長時間のパドリングは少し疲れました。
普段アベレージサイズ以上の波の時は、7'前後のやや長めのボードに慣れていたので、CYMATICの短さに少し不安はありましたが、1本目の波から上手くテイクオフ出来、その心配が吹き飛びました。
CYMATICのロッカーバランスとボトムデザインがしっかりと波を捉えてくれ、サイズ感のある波の波のキャッチをフォローしてくれる感覚が伝わりました。
テイクオフが成功すれば、ここのブレイクは比較的スロープの緩やかなイージーな波。
大きなフェイスを大きくターンで繋ぐ意識を持ちながら気持ちの良いマニューバーが描けました。
前日のスモールウェーブから、一般的なサーファーのアベレージサイズ以上の波まで、オールラウンドに対応出来るCYMATICのオールラウンド性の高さを認識出来ました。

上記は4本のボードを試乗してみた私個人の感想です。

乗り手のレベル・体格・好みなどによって前後すると思いますが、ぜひみなさんのボード選びの参考になさってみて下さい。

 

YUSUKE

| THE SURF | 波乗り | 13:55 | comments(0) |


木曜日は千葉北

程良いファンウェーブがブレイクする木曜日の朝。

北東から東寄りの風が吹いており、久しぶりに千葉北方面のメジャースポットへ。

波のサイズは胸前後。

ミドルからアウトサイドにかけてやや深めの地形なのか、アウトサイドとミドル〜インサイドが分かれてしまいがちなブレイクです。

時折入ってくる形の良いセットはミドルからインサイドのショアブレイクへとロングライド出来る良い波。

ビーチブレイクながら規則正しく綺麗な波で乗り易いここのブレイクは、流石です。

堤防の長さが変わり、砂の付き方やブレイクポイントが以前に比べ大きく変化しながらも、多方向の風の影響を軽減し、安定した砂の量があり、時折ブレイクする良い波はかつての極上ブレイクの片鱗がやはりありますね。

Free FlowのEggがクルージングの手助けをしてくれました。

午前中の早めの時間は、それほど混雑も気にならず楽しめていましたが、徐々に混雑がはじまり波の量に対するサーファーの数がキャパオーバー気味に。

こちらのFirewireのDeath Starでも入りたかったので、もう少し南側に南下したビーチブレイクに移動。

テトラポット横からの時折入るホローなレフトがなかなかの波でした。

始めは3人でしたが、直ぐに貸切に。

ほんの少ししか離れていないポイントですが、超混雑からの解放でとても気持ち良くゆっくりとサーフィン出来ました。

 

今週末は今日から3連休の方が多くいらっしゃると思います。

海の混雑はさらに増すと思われますが、みなさんトラブルや怪我の無い様に楽しんで下さいね。

 

YUSUKE

| THE SURF | 波乗り | 14:45 | comments(0) |


火曜日は湘南

台風6号から変わった低気圧が通過した火曜日の朝。

湘南エリアは程よいファンサイズへとサイズアップ。

朝から胸〜肩前後、ごくたまに頭サイズのセットの入るなかなかのコンディション。

先週は台風5号からのサイズアップに若干タイミングが合わず、今週も程々なサイズ感に。

潮が多い午前中の早い時間帯ですが、このエリアはファンなブレイクが多々ありました。

先週のタイミングのずれてしまった肩透しをリベンジすべく持ってきた同じ2本。

ウェインさんのミドルサイズのMIND BENDERとFirewireのDEATH STAR。

滑り出しの早さ、加速感、ポケットに近い場所でのコントロールのし易さ、共に優れた作りの2本のサーフボードのお蔭。

良い波を求め多くのサーファーが集まりやや混雑したピークの点在する中、良い波をライディングする事が出来ました。

午前中の早めの時間から朝二位まではサイズ感をキープしていましたが、昼前の潮が少なくなり若干オンショアの入り始めた時間帯に徐々にサイズダウン傾向に。

今週は良い時間にサーフィン出来ました♪♪

なかなかのグッドウェーブでしたヨ♪♪

 

YUSUKE

| THE SURF | 波乗り | 18:24 | comments(0) |


月曜日は湘南

台風5号が接近していた月曜日の朝。

日曜日のうちにも波は上がらず、月曜日の早朝もまだ。

梅雨前線と台風接近に伴う強い北からの風にウネリが抑えられていたようです。

朝は腿〜腰、長めのセットを待って腹位。

サイズアップ用にと車に積んできていたウェインさんのミドルサイズのMIND BENDER。

普段サイズ以上にサイズアップした時はもちろん、スモールウェーブでも波取りが早くクルージングを楽しめます。

一先ず気持ちを切り替え、スモールサイズでも楽しめる様にこのボードで。

たまのセットはミドルから綺麗にブレイクするので、イージーにライド出来るのはもちろんですが、膝腿位のウネリだとテイクオフポジションが難しくインサイドも速めのワイドブレイクになります。

それでもこのボードは斜面が起きる前に乗り出せるので、速めのショルダーが張った時には既にトップスピードに。小さな波も良い所を滑って楽しませてくれます。

この日はこのボードにスモールコンディションを楽しませて貰いました。

入っていると次第により東側のピークに胸サイズが増えてきたので、ピークとボードをチェンジしました。

セット間隔は長めなもののファンサイズにサイズアップです。

私のレベルでもまだ短めのサイズのハイパフォーマンスで対応できそうだったので、FirewireのDEATH STARに。

普段ライトブレイクも良いピークですが、ロータイド周辺の潮回りとウネリの向きの影響か、浅いリーフエリアがかなりワイドでホローに。

逆にレフトがロングショルダーでターンを入れ易い良い波に。

綺麗なファーストブレイクから、規則正しく起きてくるレフト方向のショルダーはボトムターン・トップターンを何度も繰り返させてくれます。レフトブレイクのとてもよい反復練習になりました。

私の入っていられる時間までには、セットで肩位までのサイズアップでした。その後はばっちりサイズアップしたようですね。

入っている間ももう少し東側の岬のアウトは1〜2サイズ大きなセットが頻繁に入り始めていました。

 

台風スゥエルの入り始めに楽しむ事が出来ました。それにしても、北風が強く吹き付けるジャージのフルスーツでも肌寒く感じた一日でした。

 

YUSUKE

| THE SURF | 波乗り | 19:31 | comments(0) |


木曜日は千葉南

水曜日に雨を降らせた前線低気圧が抜けた木曜日の朝。

早くからサイズアップに反応していた千葉南エリアへ。

午前中の早い時間は風の影響も殆どなく胸〜肩前後のファンウェーブ。

いくつかのポイントをチェックし、ピークが数か所ありサーファーが比較的分散しているポイントで入りました。

正面やや右、右が比較的空いていたのでそちらのピークで楽しみました。

この日はこちらの2本で。

Free FlowのEGGとFirewireのDEATH STARです。

ファーストブレイクからややホローに、ショルダーもやや早めに張り続けてくれるブレイク、

EGGはたっぷりと浮力感を持ちながらもロッカーがあるので、このようなコンディションでも乗り味に癖が無くとても乗り易くクルージングさせてくれます。

広いフェイスをたっぷり使いながらボトムターン、トップターン、カットバックと練習になる良い波でした。

DEATH STARはEGGで取った太めのラインをベースに、よりクリティカルな所でライディングが出来る様に意識。

潮が動きロータイド付近は早めのショルダーの波質でしたが、加速性の高いボードですのでインサイドの早いブレイクもカッ飛んで走ってくれました。

久しぶりに風も殆ど吹かずに波のサイズもファンなとても良い波で楽しめ最高でした。

 

YUSUKE

| THE SURF | 波乗り | 17:24 | comments(0) |


木曜日は千葉北

少し前になってしまいましたが、今週は木曜日に海へ。

風が不安定ながら、抜けていった前線低気圧の影響でサイズアップしている千葉北方面へ向かいました。

この所、なかなか波とのタイミングにリズムを合わせられずスモールコンディションが続きでしたが、この日は千葉ならサイズのある波を楽しめます。

胸〜肩セットは頭前後のブレイクでした。

ウェインさんのアシメトリーデザインSPILIT DEVILLE、FIREWIREのDEATH STARで入りました。

この日はミドルからインサイドの波はまとまりがなく、アウトサイドへ出てたっぷり楽しみました。

左側の堤防から飛び込んでウェイティングポジションに向かうサーファーも多いですが、南側へのカレントが強く多くの方がそのまま南側へ流れていってしまいます。

私はパドル強化と思い、インサイドからパドルでゲッティングアウト。堤防横のピークからも離れぬようカレントに逆らいポジションキープ。その為、堤防寄りの沖のピークはほぼ私一人。

アウトからミドルまで続く形の良い波を選んで大きなフェイスを自由に使って楽しめました。

お隣のポイントの方がこの所地形の関係か人気、普段メジャーで大混雑しているこのポイントでこんなに空いた状況でゆっくりサーフィン出来たのは珍しいかも。

前半のファーストブレイクがやや緩やかだった時間はSPILIT DEVILLEが絶好調、早い滑り出しとテイクオフ、柔らかで広いスロープの波を自由にラインが描けます。堤防から離れていくレフトの波もアシメトリーデザイン特有のスピーディーに抜けてくれるバックサイドの動きでかなりの距離がライドできました。

後半のややワイドで風が入りトリッキーになってきた波にはDEATH STARがフィット。より速く機敏に細かなライン取りの調整が可能なのでライディングの手助けとなってくれます。

 

午前中の少ない時間でしたが、ほぼ貸切のサイズ感のある波を、ライディングとパドリングが出来、心も体も満足感たっぷりな2ラウンドでした。

 

YUSUKE

| THE SURF | 波乗り | 16:06 | comments(0) |


木曜日は湯河原

数日間南風が強まっていた木曜日。

オフショアのポイントはサイズが小さく、オンショアのポイントは連日の影響が強い。

ポイントに迷いましたが、サイドショアながら楽しめそうな湯河原へ久しぶりに向かいました。

腰前後のブレイクです。

Free FlowのEggとFirewireのDeath Starで入りました。

よれてピークが変わり易く、ブレイクするとワイドな難しい波でしたが、

テイクオフの早いどちらのボードも切れ目から走って1〜2アクション出来る波でした。

1ラウンド目は風の影響がそれほどでもなく楽しめていましたが、

ボードを変えた2ラウンド目からはサイドショアがかなり強くなりました。

朝に付いた時のような腰サイズの波も風でよれてブレイクしなくなってしまい終了。

 

短い午前中の2ラウンドでしたが、楽しむ事が出来て良かったです。

 

道路が整っていて、アクセスの良いこちらのポイントは遠いようで自宅から1時間弱。

またタイミングをみてアクセスしてみようと思います。

 

YUSUKE

| THE SURF | 波乗り | 17:36 | comments(0) |


火曜日は湘南

冬に戻ってしまったかのうような寒い火曜日。

前日の通過した前線低気圧のウネリが少しだけ残っていました。

入り始めの時間はコンスタントにセットがやってきて腰〜腹、たまの幻のセットはピークで胸下位。

久しぶりの火曜日。

子供達の学校を送り終え、帰ってくるまでの間に時間が取れたので、久々に奥様と二人で入水。

ウェインさんのMENTAL MACHINEとFree FlowのEggを交換しながら楽しみました。

3月の末のサーフィンから約1か月と少し振りの奥様。

小さくても綺麗なシェイプで乗り易くスピードの出るボードのお蔭でロングライドを楽しめていたようで良かったです。

特にEggがノーズロッカーもあり刺さり辛く、軽い力で柔らかに動いてくれ、乗り易く感じたようです。

走り過ぎたフェイスからカールに戻るように右に左にターンしていて、確かに楽しそうでした。

私はどちらのボードも好調。

MENTAL MACHINEはゆったりとクルージングしながら、ターンとノーズを楽しみながらインサイドのショアブレイクまで繋げる様に意識して。

海の中でチェンジしたEggはこの日のパフォーマンス。トライフィン寄りのフィンセッティングも良かったのか、セットのショルダーの張る波はフェイスを縦へと軽い力で動き、トップターンもより波のカール近くを責められる感覚でした。

少ない時間でしたが、調子の良いボード達のお蔭で楽しい時間を過ごせました。

昼過ぎの上がった時間には、波がサイズダウン。セットの間隔がかなり長くなってしまいました。

 

寒の戻りとなっているこの数日。5月とは思えないような涼しさですが、また週末へ向けて暖かくなるようですね。みなさん体調を崩さぬよう楽しく海へ向かって下さいネ♪♪

 

YUSUKE

| THE SURF | 波乗り | 18:04 | comments(0) |


木曜日は湘南

前日の低気圧通過でもたらされたウネリがまとまった木曜日の朝。

湘南方面へ向かいました。

昨晩はたっぷりあった波が、早朝には随分とサイズダウン。

それでも腰〜腹セットは胸位のファンウェーブです。

早めの時間帯は、ウェインさんのミドルレングスのアシメトリーMENTAL MACHINEを。

ポイントブレイクの波周りを考えながら、

アウト、ミドル、インサイドと様々な所からイージーに波を捕まえる事が出来、

おこぼれの余り波も楽しむ事の出来る強い味方。

クルージングをしながら、大きなアークのターンでボトムターン、トップターン、カットバックを意識して楽しみました。
チーターファイブにノーズでも楽しめる所も魅力です。

波はどんどんサイズダウン傾向。ボードチェンジ時はまだサイズも残っていましたが。

FirewireのDEATH STARに変えて小1時間、だいぶ波が無くなり、長いセットを待って腰位に。

それでも入り始めに入ってきていた胸サイズの波でポケットを楽しめました。

良い波のポケットでの動きはDEATH STARのパフォーマンス性能が私のスキルを助けてくれます。

何本か気持ちの良いマニューバーが描けよいラウンドになりました。

 

嬉しいのは気候と水温。

カラッと乾燥し程よい涼しさの中に優しい太陽光がとても気持ちの良い朝。

水温もジャージのフルスーツが丁度良く、冬のスーツから遂に解放された嬉しさです。

流石の湘南方面、既に、シーガルやトランクスに長袖ジャケットの方も。

 

みなさんゴールデンウィークをたっぷり楽しんで下さいネ♪♪

 

YUSUKE

| THE SURF | 波乗り | 16:01 | comments(0) |


木曜日は千葉北

前々日の低気圧通過でサイズアップしていた千葉北エリア。

前日のウネリがまとまり始め、風の弱い木曜日の朝。

波のサイズは、肩〜頭ちょっと。

インサイドのたっぷりのスープエリアをドルフィンで抜けるとアウトはなかなかの波。

前半はウェインさんのアシメトリーデザインSPILIT DEVILLE、

後半はFirewireのDEATH STARで入りました。

前半の風の弱い時間帯はクリーンな肩〜頭サイズの良い波。

スロープの長いフェイスをダウンザラインしてボトムターンからトップターンの繰り返しがとても気持ち良くライド出来ました。

SPILIT DEVILLEはこのポイントのトロ厚めのファーストブレイクを的確に捉えてくれ早く安定感のあるテイクオフが、久しぶりの頭サイズの波をイージーにライディングさせてくれました。

後半は東から南東の風が次第に入り始め、波に癖が出てきました。

カレントもかなり強くなり、左側にポジショニングしていてもあっという間に右沖へ引っ張られます。

カレントに逆らいながら、必死にパドル、時折入る形の良いレフトをロングライド、またパドルで左側のカレントまで回り込んでウェイティングの繰り返し。

DEATH STARは変化のある波にも素早く対応してくれ、パワーレスになるショルダーも速くカールへ導いてくれるので、ほぼレフトオンリーでしたが良いバックサイドの練習になりました。

たっぷりパドリングしたお蔭で数日経った今も未だに首周り、肩甲骨周り、腰周りが筋肉痛でございます。

 

嬉しいのが水温の上昇、外気も午後には初夏の様に暑くなったこの日、朝一からも冬の装備を外す事が出来、4/3mmの起毛のスーツが暑く感じてまいりました。遂にジャージのフルスーツの出番です。

 

YUSUKE

| THE SURF | 波乗り | 18:51 | comments(0) |


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
About us
Categories
Recent Comment
Archives
LINKS
Mobile
qrcode